2010年03月16日

山の魅力に惹かれた人間たちのリアルなドラマ「岳(がく)」


思わず山に登ってみたくなります


島崎三歩の魅力溢れる、笑顔、優しさ、逞しさ
そして山の厳しさ、過酷さがリアルに表現されています





あらすじ
山に魅せられた男、島崎三歩。
若くして世界の巨峰を登頂した後、三歩が選んだ道は日本での山岳救助ボランティア隊員だった。非常事態や緊急場面では、常に最善の結果を求めて冷静に救助活動を行う三歩。 そのために非情で冷酷とみなされたり、はからずも「救助担当者の力が及ばず遭難者は助からなかった」と遭難者の関係者に責められることもある。

しかし基本的に三歩は、登山者や遭難者に対して明るく優しく大らかに接し、山の素晴らしさをたくさんの人に知って欲しいと常に願っている。 また、県警警備隊関係者への訓練などを通して山の安全に関わる人々と、山を訪れる人々との交流を描いている。





』(がく)は、石塚真一先生による、山岳救助を題材とした漫画作品。

『ビッグコミックオリジナル』にて連載中。

マンガ大賞2008第54回(平成20年度)小学館漫画賞一般向け部門受賞。





山が持つ厳しい顔と美しい顔。
三歩のいる日本アルプスには今日もたくさんの人間たちが訪れる。
三歩は彼らの山への思いと彼らの命を全力で受け止める!!

【漫画】岳 (1-11巻 最新巻)


ラベル:青年漫画
posted by オススメ傑作漫画を大人買いのおじさん at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの青年漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。