2009年11月24日

「HUNTER×HUNTER」2010年1月から連載再開ですよ!

嬉しい.gif
知ってましたexclamation&question
ハンターハンター連載再開グッド(上向き矢印)
本当、心の底から嬉しいですわーい(嬉しい顔)
富樫先生ありがとうるんるん
というわけでハンターハンター言うまでもなくおすすめですexclamation×2
この作品はオススメしないわけにはいかないですよね。
鬼才、冨樫義博先生の「HUNTER×HUNTER」
長らく休載となっていた「HUNTER×HUNTER」の連載再開が、
2010年1月4日に発売される2010年5+6合併号からの
再開を予定していると発表されました手(チョキ)
iconicon
iconicon iconicon iconicon
『HUNTER×HUNTER』は冨樫義博先生による少年漫画。
様々なキャラクターの考え方・視点が存在し、
複雑で多層的な構成を取っている。
予想させない斬新な展開になっているなどして
幅広い層に高い評価を得ている。
細部までよく練り込まれたストーリー
むちゃくちゃ面白いですわーい(嬉しい顔)
通常.gif
単行本は第280話までを収録した26巻が発売中で、
最新27巻は12月25日発売予定となっています。
最新27巻の予約はこちら赤矢印 右.gifHUNTER×HUNTER 27 icon
新刊でまとめ読みするなら赤矢印 右.gifハンター×ハンター (1-26巻 最新巻)
古本でまとめ読みするなら赤矢印 右.gif【古本】ハンターハンター [1~26続巻]
DVDはこちら
赤矢印 下.gif赤矢印 下.gif赤矢印 下.gif










ラベル:少年漫画
posted by オススメ傑作漫画を大人買いのおじさん at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの少年漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

漫画『うしおととら』がおすすめ!

今日は昔の同僚と晩御飯を食べに行きました(≧▽≦)

ファンくるのモニターとしてお会計6460円だったけど、ご飲食代金の100パーセント(上限5,000円)まで返ってくるお店をチョイスしたので、かなり得しました。お店もいい雰囲気だったし。

ファンくるのモニターに興味がおありでしたらこちらへ赤矢印 右.gifファンくる


今日はうしおととらの紹介です!

少年時代の思い出‥‥ うしおととらに、また会いたいなぁぁ(*´∀`)ノ


『うしおととら』は藤田和日郎先生による少年漫画作品です。

『週刊少年サンデー』(小学館)にて、連載された。

単行本は全33巻+外伝1巻、文庫版全19巻、ワイド版全18巻。

icon icon icon icon

あらすじ 寺に住む少年・蒼月潮は

自宅の蔵の中で一本の槍に縫いとめられていた妖怪を解放してしまう。

うしおが「とら」と名づけたその妖怪は、かつて近隣一帯を恐怖のどん底に叩き落していた大妖怪であった。

また、とらを500年間縫い留めていた槍こそ、

2000年以上も前の中国で妖怪を滅ぼすためだけに作られた「獣の槍」であった。

獣の槍の伝承者となったうしおは、とらと共に様々な妖怪との戦いを繰り広げる。

主人公と妖怪「とら」との出会い、

「獣の槍」と「白面の者」との戦いは全くの偶然のようであったが、物語が進むにつれて、

それぞれの深い関わり、長きに渡る宿命が明らかになっていく。

購入はこちら赤矢印 下.gif

漫画全巻ドットコムうしおととら [文庫版] (1-19巻 全巻) [この商品は送料無料です!]
販売価格 11,970円(税込)
ポイント数 114ポイント進呈
送料込

中古本はこちら赤矢印 下.gif

うしおととら (1-33巻 全巻) こちらの商品は中古の漫画セットになります。送料 全国どこでも送料無料!
(代引手数料のみご負担下さい)
定価 13,530円(税込14,207円)
販売価格 5,824円(税込6,115円)

電子コミックはこちら赤矢印 下.gif

【電子コミック】うしおととら (全巻) 価格(税込): 13200円

ひとつひとつのエピソードの中に、
人間として大切にするべきものが含まれていて、
子供ながらに学んだのを覚えています。
魅力あふれるキャラたちに会えます!
とってもいい作品です(*'▽'*)/
ラベル:少年漫画
posted by オススメ傑作漫画を大人買いのおじさん at 00:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの少年漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

漫画『ソウルイーター』(SOUL EATER)がおすすめ!

舞台は死神武器職人専門学校、通称「死武専」。


icon icon ソウルイーター  12 icon
『ソウルイーター』(SOUL EATER)は、大久保篤先生のファンタジー漫画作品。
『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス刊)で2004年から連載されている。
2008年4月 - 2009年3月までアニメシリーズも放送された。

ここに通う「職人」のマカ=アルバーンと「武器」のソウル=イーターを軸として
物語が展開していくが、
主人公格は三組と言えるのでその役割は限定的と言える。
死武専は、「職人」と「武器」を育成することを目的としており
「職人」と「武器」でペアとなって活動していく。
その最終目標は悪人の魂99個[1]と
魔女の魂1個を「武器」に集める事によって、
死神様の下に仕える「デスサイズ」という者を作り出すことである。

DVDはこちらから▼

icon icon

ソウルイーター SOUL.13 icon

icon icon

ソウルイーター SOUL.10 icon

そんなわけで、魂をもとめて戦う武器職人達。
死神様が凄いノリの軽い人で笑えます。






ラベル:少年漫画
posted by オススメ傑作漫画を大人買いのおじさん at 00:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの少年漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。